看護師として経験を積んでいく

看護師として毎日勤務を続けていくと、当然経験が蓄積されていくでしょう。勤務の中で学んでいく知識も、感じて得た経験も他には代えがたいものです。それらをお金で買うことはできないからです。看護で得た知識は、必ず人生を送る上でも役に立つでしょう。患者との触れ合い、先輩、上司との話し合いも普遍的に生活で活かすことができるでしょう。
看護師から他の仕事に変えたとしても、同じような試練は必ずあなたのもとにやってきます。
求人情報の中からしっかりと自分の意思を持って一つを選びぬいて勤務を始めたとしても、そのあなたには多数の試練が課せられるでしょう。
そこで一番重要な、適切な対処に必要になってくるのが、経験と知恵です。


看護師として大切なこと

看護師は医者のサポートの面も、もちろん大きいです。医者の医療行為をサポートして患者の状態をより良くするための手つだい。これも大きな仕事のなかの一つです。
そしてもう一つが、入院中の患者のお世話です。患者の容体を逐一チェックし、医者に報告、適切な処置をすることが看護師の大きな仕事です。患者の心と体のケア。両方を担っているのが看護師です。
特に入院している患者は心細いです。病気やけがをした状態で一人病院の中で寝起きを続けていては精神的にも参ってしまいます。その心細い状態になってしまっている人を助ける笑顔の存在。それが看護師です。
ですがその実癒しのイメージの裏に潜んでいるのは看護師のつらい仕事です。まるで水面下でバタ足をしている白鳥のようではありませんか?


積み重ねた経験を活かす

はじめのうち、看護師になりたてのときはうまく患者とのやり取りを行うことができないかもしれません。ですが、続けていけばだんだんと距離のつめ方がわかってくるかもしれません。
だんだんと人との接し方の正解。決して100点の正解は無いのかもしれないですが、それに近いものを見つけることができるでしょう。知識と経験は時間と、それに伴う行動でどんどん増えていくものです。そして行動もそれに伴って強化されていくものです。
きっと、あらゆる苦難や困難に耐え忍んだ先にはあなたはきっと一人前の看護師としての人生を歩んでいくことができるでしょう。
そのためには人の助けが不可欠です。決して一人で思い悩んだりせず、困ったことは先輩看護師や同僚に遠慮なく相談してみましょう。深く思い悩んでいたことも、意外とあっさり解決してしまうこともあるでしょう。

Comments are closed.