男性看護師の需要はどうなっている?

看護師というと女性がメインで仕事をしているイメージが強くあるかと思います。実際に現場で働いている看護師の中には男性もいますが、全体の8パーセント程度と非常に低いのも事実です。しかし、男性看護師の求人は年々増加傾向にあると言われています。


病院が男性看護師を採用するメリット

病院としても、妊娠や出産のない男性は休職期間などもないので、将来的に重要なポストを任せられる人材に育てやすいというメリットがあります。仕方ない事情ではありますが、女性ばかりの職場はやはり、人の入れ替わりも激しくなってしまうのが事実です。また体力的な面でも、力仕事などは男性のほうが優れているケースが多く、介護の現場や自力で移動ができない患者さんの多い科では男性ナースを起用しているそうです。


精神科などに配属されやすいのは本当?

男性ナースは精神科病棟などに配属されやすいと耳にしたことがあります。これにはちゃんと理由があるそうです。まず、男性ナースが配属されやすいとされる科では、力が必要な場合が非常に多いそうです。精神科も同じで、患者さんが暴れてしまうなどのケースでは女性の力では抑えることが困難になってしまうと考えられることが理由とされているといわれています。

Comments are closed.