個人病院と総合病院の違い

看護師の仕事は環境によっても大きく変わります。自分の希望する看護を求人情報でしっかりと見極めたいですよね。総合病院と個人病院の違いや、メリットなどをご紹介します。


キャリアアップを目指すなら総合病院の看護師

看護師としてキャリアアップをはかりたいという場合は、総合病院を選ぶといいと言われています。まず、総合病院では選ぶことのできる科がたくさんあります。個人病院の場合は多くが内科のみで、多くても3科以上を兼ねているところはありません。一方、総合病院では多くの科があり、MRIなどの検査に必要な施設も整っているところが多いのです。認定看護師などを目指す場合は、総合病院のほうがバックアップ体制を整えているところも多いと言われています。


個人病院は患者さんや科で違う

個人病院の多くは地元に密着した医療を行っていることが多いそうです。内科であっても、近くに住んでいたり、働いていたりする人が訪れます。そのため、同じ患者さんを継続的に看護することが多いそうです。また受付業務などの雑用も看護師が行うこともあると言われています。また採血は総合病院の場合、研修医の先生がやりますが、個人病院ではナースが行うことも多いそうです。

Comments are closed.