コールセンターからの看護師の求人

電話による健康相談などを行うのが、この看護師のコールセンターの業務です。
直接的に患者と接触する病院の勤務とは全く違いますが、声だけで安心感を与える仕事としてやりがいがあると言われています。
一般的な生活習慣などに対する相談から、怪我やヤケド、病気などの応急処置の問い合わせなど様々ですが、やはり応急処置に関する内容が多いようです。


<この求人で求められる看護師>

声だけで回答するというのは、かなりの経験値を要するものです。
よってこの求人に関しては「看護師の資格を有すること」とともに、臨床経験があることを上げている求人が多く見られます。
電話の対応で瞬時に的確な質問をして回答を行うということは、机上の知識だけでは成し得ないことです。
ただし24時間体制をとっていることから夜勤などもあります。
また休日前や休日には電話が殺到することもあり、必ずしも楽な仕事とは言えません。
メールで受け答えを行うコールセンターもあり、基本的なパソコンのスキルも必要です。
求人を行っている企業の殆どが手厚い研修を行なっているようですので、その点は安心です。
コールセンターの雇用形態は契約社員や派遣社員、パート、アルバイトといったものが多く、正社員として雇われるという案件は極少数です。

看護師求人の年収は学歴でかわる?

看護師を目指す人が増加していると言われています。過去は国立大学しか看護科をおいていなかったことなどもあり、看護師を目指す人は専門学校を卒業している割合が非常に多かったそうです。しかし、私立の大学でも看護科の設置が増え、現在は非常に多くのナースが大卒のナースとなっているそうです。


看護師のお給料も違う

多くの病院では、やはり大卒のほうが給与面での待遇がいいそうです。また、求人などを見ても大卒のほうが条件のいい場合が多い、昇進などでも有利になる面が多いという意見が多くあると言われています。この理由に、ディベートなど卒業までに必要な単位の中でかけることのできる時間が多いことなどが、好待遇になる理由と言われるそうです。私立になると学費面の心配もありますが、金銭面で余裕がある場合には、看護資格は大学をすすめられるケースが増加中なのだそうです。


同じ資格なのに大卒がいい理由は?

ナースの資格は国家試験を受けるので、資格としては同じです。しかし大学の場合には希望すれば養護教諭の資格等も取得できるので、もっている資格の幅が増えるというメリットもあるそうです。またナース以外の仕事を考えたときに、学歴として専門学校卒業ではなく、大卒になるという面もあるそうです。看護の仕事だけでなく、将来の選択肢を広くするという効果もあるそうです。

看護師が転職する際のハローワークでのメリットとデメリット

一般的にも仕事を探す手段として利用されるハローワーク。看護師の中にもやはり同じようにハローワークで転職先を探して、実際にそこで働いている人もいます。いちぱん無難な方法ではありますが、他の求人情報も扱っているために、自分本当の知り得たい情報があるのかというのは、少し疑問があります。


<ハローワークで探す時のメリットについて>

求人を募集する側としては、看護師の求人を載せるのに料金がかからないということがあります。そのために、採用する条件もあまり高くすぎず低すぎす、まずは無難です。そして、その地域に密着していますから、地元で転職したい看護師にとって、とても有利な面もあります。それ以外にも雇用保険による、各種手当も受けられるというのはとても助かります。


<ハローワークで探すときのデメリットについて>

当たり前のことですが、ハローワークは、いろいろな仕事の求人を扱っているので、看護師が自分が働きたいと思う病院についての内情などは把握してませんし、本当に詳しい仕事の内容に関しても全て載せている訳ではありませんから、いざそこで採用されて転職したしても、何か話が違うというようなことも十分あることですので、そのようなことをふまえて、上手に利用したいものですね。

科によって違う、ナースコールのあと

入院などをすると、お医者さんよりも長い時間接するのが看護師さんです。ベッドの手元にはナースコールというボタンがあり、押せばすぐに看護師と電話のように会話ができます。足元がふらつく患者さんなどは自分だけでベッドを離れるのは危ないので、トイレに行く前などに呼ぶこともあるそうです。


看護師の対応は病院で違う

自力で移動が難しい患者さんの移動補助を行うのも、ナースの仕事となります。この移動方法もストレッチャーなどに移してから移動する方法、車いすに乗せる方法など様々ですが、病院によって対応は大きく変わります。自分で歩くことができないので、負担がかからない方法を取るのですが、原則としてベッド移動を行う病院もあれば、できる限りは車いすなど移動させやすいものに移動させることもあるそうです。病院には診療方針というものがあるので、この違いは仕方のないものでしょう。求人情報を見るときは、このようなことも分かると便利かもしれません。


小児科はなったら走る!そうです

小児科病棟などに勤務している看護婦さんは、ナースコールが鳴ると、そのベッドまでなるべく早く行くと聞いたことがあります。小さな子供は自分の痛みや症状をちゃんと言葉にできないことが多いので、何か異常がないか、などを確認するそうです。看護師のいるナースセンターでは患者さんの容体なども一目でわかるようになっているそうです。

看護師になるために履歴書の書き方を学ぶ

一度、看護師として就職をするとしばらくは新しい職場を探す事はないかと思います。職場を探す機会が無いという事は、履歴書の書き方や面接の受け方などから距離が空いてしまいます。久し振りに履歴書を書く場合など戸惑ってしまったりしませんか?


自分の名前を丁寧に書く

折角看護師の国家資格を取得しても、病院へ就職できなければ意味がありません。そこで良い印象を与える履歴書の書き方を学び、自分の働きたい病院へ就職できるチャンスをつかんでみませんか?まずは、履歴書に書く自分の名前ですが自分の名前を自信無く書いている方から良い印象を受ける事は出来ません。バランスよく自信に満ち溢れた書き方をする事で印象を良くする事が出来ます。書きなれた自分の名前をきちんと書く事から就職しやすい履歴書は始まると思います。


短所をアピールに使う

人間はだれしも短所を持っている方ばかりです。悪い所が無い人間など居ませんから、履歴書に自分の短所を書く場合その短所も自分をアピールするポイントとして利用するのはいかがでしょうか?あまりにも、開放的すぎる短所はアピールするポイントに変えるのは難しいですが長所とつながりのある短所であればアピールポイントとして利用する事が出来ます。隠したい短所を前向きにとらえ有効に使う事によって就職や転職に有利な履歴書を書く事が出来るようになります。

個人病院と総合病院の違い

看護師の仕事は環境によっても大きく変わります。自分の希望する看護を求人情報でしっかりと見極めたいですよね。総合病院と個人病院の違いや、メリットなどをご紹介します。


キャリアアップを目指すなら総合病院の看護師

看護師としてキャリアアップをはかりたいという場合は、総合病院を選ぶといいと言われています。まず、総合病院では選ぶことのできる科がたくさんあります。個人病院の場合は多くが内科のみで、多くても3科以上を兼ねているところはありません。一方、総合病院では多くの科があり、MRIなどの検査に必要な施設も整っているところが多いのです。認定看護師などを目指す場合は、総合病院のほうがバックアップ体制を整えているところも多いと言われています。


個人病院は患者さんや科で違う

個人病院の多くは地元に密着した医療を行っていることが多いそうです。内科であっても、近くに住んでいたり、働いていたりする人が訪れます。そのため、同じ患者さんを継続的に看護することが多いそうです。また受付業務などの雑用も看護師が行うこともあると言われています。また採血は総合病院の場合、研修医の先生がやりますが、個人病院ではナースが行うことも多いそうです。

男性看護師の需要はどうなっている?

看護師というと女性がメインで仕事をしているイメージが強くあるかと思います。実際に現場で働いている看護師の中には男性もいますが、全体の8パーセント程度と非常に低いのも事実です。しかし、男性看護師の求人は年々増加傾向にあると言われています。


病院が男性看護師を採用するメリット

病院としても、妊娠や出産のない男性は休職期間などもないので、将来的に重要なポストを任せられる人材に育てやすいというメリットがあります。仕方ない事情ではありますが、女性ばかりの職場はやはり、人の入れ替わりも激しくなってしまうのが事実です。また体力的な面でも、力仕事などは男性のほうが優れているケースが多く、介護の現場や自力で移動ができない患者さんの多い科では男性ナースを起用しているそうです。


精神科などに配属されやすいのは本当?

男性ナースは精神科病棟などに配属されやすいと耳にしたことがあります。これにはちゃんと理由があるそうです。まず、男性ナースが配属されやすいとされる科では、力が必要な場合が非常に多いそうです。精神科も同じで、患者さんが暴れてしまうなどのケースでは女性の力では抑えることが困難になってしまうと考えられることが理由とされているといわれています。

看護師の年収はどうなの?

看護師を目指す男性も増加しているそうです。求人情報を専門に扱う転職サイトなども増えていますが、看護師の年収はどのようになっているのかご存知ですか?男性が目指すとなると、年収の面や、どのくらい経済に影響されるかも知りたいですよね。


不況に左右されにくい看護師

平成22年の年収を調べてみると、平均は467万円となったそうです。一方で一般企業に勤めるサラリーマンの年収は平成23年で408万円、過去15年間で最も高いと言われている年収が467万円と発表されているそうですから、年収がサラリーマンは大幅にダウンしたと考えられます。しかし看護師の最高年収は481万円と、サラリーマンと比較するとそこまで大きな差がないと考えられますね。ナースの仕事は不況など経済の影響を受けにくい職種といえるそうです。


男性も活躍できる時代になった

女性の職場というイメージが強い世界ですし、実際に現場で働く男性ナースは全体の5パーセント前後と言われています。非常に少ないのですが、男性の場合は出産や育児で中途退職や休職期間がないという理由もあり、定年まで働くことを目指せば、将来的に役職を任せてもらえることもあるそうです。まだ男性看護師の働く環境が万全になったというわけではありませんが、今後も増加すると言われています。

看護師求人を探している人と語ろう

今では多くの看護師求人を見かけたりそういったサイトもありますが、情報があまりなくて困っている方もいらっしゃるのではないでしょうか?
一人で探していて何だか心細い方も中にはいらっしゃるかと思います。
そんな時は同じ方とお話してみるのも良いかと思いますよ。
同じ看護師求人を探している方と話すことで何を基準に見るのか、どんな待遇が望ましいのかなど詳しく分かってくるかと思いますし、他にも色々な情報を得ることが出来て良いかと思います!


看護師に必要なものってあるの?

看護師として必要なもの、それはもちろん資格ですが他にも体力や精神的な強さも必要になってくるみたいです。
他にも話しかけてきてくれる患者さんなどもいらっしゃいますから、コミュニケーション能力も必要とされているそうです。
相手の方が話しかけて下さった際、どのようなリアクションをとるのかなど技術的なことだけではないそうですよ!


その環境を楽しもう!

看護師として働き始めたらきっと忙しくて余裕がなくなってしまう日もあるかと思います。
ですが、気持ちをうまく切り替えて毎日を充実させていくのはどうでしょうか。
たとえば一日の目標を決めて出来るだけ達成できるように努力してみたり、今日はこの方に話かけてみようとか、少し工夫することで変わってくるかと思います!

看護師になるにはどうしたらいい?

今では医師不足や看護師不足が問題になっていますが、皆さんも薬局や病院などで求人の貼り紙を見たことある方もいらっしゃるのではないかと思います。
ですが、求人と言ってもまずは看護師資格を持っているかどうかを問われますよね。
どうしたら看護師になれるのか、それはまず勉強をして国家試験を受けて資格を取得する必要があります!


看護師はとても素敵なお仕事

看護師のお仕事はとても忙しく大変ではありますが、人を支えるお仕事ですので非常にやりがいと達成感があるのではないかと思います。
今ではこういった医療関係の道へ進まれる方も多くなってきているみたいですよ。
また、医師をサポートしたりする業務もありますので誰かのために頑張りたい、働きたいといった方にはとてもお勧めだと思います!


環境はどうなっているの?

気になるのがその病院などの環境ですが、最近ではローテーションで回しているところが多くなってきていますので以前より過酷な現状ではなくなっているそうです。
ですので、プライベートも確保できて休むこともちゃんとできますので大きな心配はなさそうです。
場所によってはそのやり方がありますので、前もってどのような待遇があるのかについてよく調べてみるのが良いかと思います!